難しい印象の看護師国家資格。効果的に勉強するためのコツをお教えします!

スキルアップ方法

正看護の資格取得は難しい?

意外に高い?看護師試験の合格率

看護師国家試験の合格率は90%前後と意外に高いのは有名なお話。

そもそも、看護師の国家資格は誰しもが取れる資格ではありません。受験資格は以下の通りです。
・看護師養成学校にて必要な学科を3年以上学び卒業した者
・高卒の准看護師で看護師養成学校、または看護師短期大学を修業した者
・中卒の准看護師で3年以上の実務経験があり、看護師養成学校、または看護師短期大学を修業した者などです。

看護師の学校は、勉強がとても厳しく単位を取るので精一杯だそうです。
学生時代の膨大な勉強量を無駄にしないためにも、「絶対、看護師になる!」という熱い気持ちで試験に望んでるのではないでしょうか?

賢い勉強法をレクチャー!

毎年難易度がアップする看護師国家試験。試験範囲がとても膨大なため、やみくもに勉強していてもらちがあきません!
受験までのモチベーションを保つため、効果的な勉強法をお教えします。

まずは、「勉強開始時期の設定」です。2月の試験に向けて、早い人で1年以上前からとりかかる人もいます。現状のお仕事とのバランスを考慮し、設定しましょう。
それが決まったら「看護師国試出題基準」を購入します。厚生労働省からのホームページからも入手可能です☆
試験問題の雰囲気を把握できますし、「自分の能力を把握する」ことができます。そして「過去問をとにかくたくさんやりこむ」。
分からない問題は、その都度つぶしていきましょう!苦手分野を確実になくすことが、国家試験の対策につながります。

最近では携帯電話のアプリでも試験対策をすることができ、便利です。
どこでも移動中や就寝前ギリギリまでできるので、受験前の追い込みに重宝するでしょう。

国試のアレコレ☆

看護師国家試験が行われるのは、2月下旬の日曜日です。テスト時間は、午前中の2時間40分と午後の2時間40分の計5時間20分。一日を通して行われます。
試験科目は、小児看護学・成人看護学・老年看護学・基礎看護学・精神看護学・母性看護学・在宅看護学・疾病の成り立ちと回復の促進・人体の構造と機能・
社会保証制度と生活者の健康です。これらの必修問題+一般問題+状況設定問題の3つより、全体で60%~70%を正解する必要があります。
合格発表日は3月の下旬なので、だいたい1ヶ月後の発表です。

試験前にあたって、徹底することはズバリ体調管理です。今までの努力が無駄にならないよう、ベストなコンディションで望みたいものですね!

おすすめ記事ピックアップ

転職をお考えの方のために、どこに気をつけたらよいかチェックリストをご用意しました!
准看護師から正看護師を目指したい!でも、仕事+学校+勉強なんて・・・両立できるの?そんなあなたの悩みをズバリッと解決!
聞きにくい「お金」の話。 Aさんの給与明細を、のぞき見してみましょう♪