准看護師と正看護師の仕事内容の違いを徹底比較します

准看護師の給与事情

准看護師と正看護師の違いとは?

資格の違い

・正看護師⇒国家資格
・准看護師⇒公的資格
 

正看護師と准看護師との一番大きな違いは、ズバリ「資格」です。
正看護師の免許は、看護師国家試験をパスした人がもらえる資格。
准看護師の免許は、各都道府県で行われる知事試験をパスした人がもらえる資格です。
准看護師は、技術をメインに学びます。看護師としての思考力・判断力や社会における役割など、基礎的なことを学ぶ時間は少ないとされています。
一方、正看護師の場合は基礎的な部分からしっかり学ぶことが可能です。
 

看護の道を極めたいとお考えの方は、正看護師を目指すことをオススメします!

仕事内容の違い

准看護師と正看護師、どちらも見た目は同じ「看護師さん」。
資格が異なる2つの職業ですが、仕事内容に違いはあるのでしょうか?
実は、正看護師にできて准看護師にできない仕事というのはありません。つまり、仕事内容にはほとんど差はないのです。
ただし、准看護師の場合では主体的な看護を行うことができません。
正看護師は、「医師の指示」に基づき医療行為の補助を実施。一方准看護師は、「医師・歯科医師・正看護師」の指示のもとで看護を行うのです。
ですから、准看護師から正看護師へ指示・指導することはできません。認定看護師を目指したり、管理職へ昇格するなどのキャリアアップが難しいのです。
 

「自らの判断により、看護を提供したい」とお考えの方には正看護師を目指してみてはいかがでしょうか?

准看護師のメリット

高齢化社会の今、医療施設はどんどん増え続けています。しかし、医師や看護師などの働くスタッフは減少傾向にあるようです。
でも、まだまだ需要が高い職種なので、全国どこでも活躍することができます。特に准看護師は、正看護師に比べかかるコストが低いのが特徴です。
施設形態によっては、コストを安くするために准看護師を募集しているところもあります。
 

准看護師のメリットは、これだけではありません。
正看護師の資格を取得するための教育課程は3年から4年を有します。
一方准看護師は、2年で取得することが可能です。
早い段階で現場に立つことができるため、実戦を多く経験することができます。
准看護師は、より早く社会に役立ちたいとお考えの方には最適です。

おすすめ記事ピックアップ

転職をお考えの方のために、どこに気をつけたらよいかチェックリストをご用意しました!
准看護師から正看護師を目指したい!でも、仕事+学校+勉強なんて・・・両立できるの?そんなあなたの悩みをズバリッと解決!
聞きにくい「お金」の話。 Aさんの給与明細を、のぞき見してみましょう♪